« あこがれのスイス・アルプス。 | トップページ | 今日は美術の日?アンドリュー・ワイエス展+モネ印象日の出展+光彩会写真展 »

2009年1月25日 (日)

究極の癒し、ほったらかし温泉。

Img_0318 この開放感たるや、まさに「ほったらかし」。雄大な景色の中に「ほったらかし」にされてはいても、甲府山地の上に頭を出した富士が、いつもこっちを見ていてくれてます。全身の力を抜いて体を湯船に浮かべると、自分が阿呆になって、何もかも忘れてしまってます。
一度は来てみたかった「ほったらかし温泉」。初めてその存在を知ったのは、ヤマケイの温泉特集。その一文、「はだかになって、山をまるごと味わう贅沢である。正面には富士山が・・・〈中文略〉”温泉しかないので、何もおかまいできませんが、ごゆっくりどうぞ。”というスタッフの思いが込められている」。この記事を美人女性ライターが顔写真入で紹介してたんですよ。しっかり記憶に残りました。またその記事には、この温泉の裏山である兜山に登って、「ほったらかし」を味わうのがお勧めとありましたが、そうなると我が家からは一泊仕事になってしまい、気軽さがなくなってしまいます。今回は、「山には登りたくないが、富士山が見たい。温泉にも入りたい。」とワガママを言う嫁さんを連れて、「富士山が見えるシリーズ番外編」、山梨県の「ほったらかし温泉」に日帰り強行軍で行ってきたのでした。登山はありません。

Img_0309 夜明け前にやってくると、ご来光を見ることも出来ます。今日みたいな寒い日は、空気がより乾燥して太陽が真っ赤になってたはずです。帰宅途中、名港トリトン辺りからの夕焼けも、すごく綺麗でしたからねー。
この温泉には「あっちの湯」と「こっちの湯」のふたつがあります。上の写真とこの写真は「あっちの湯」です。富士山を正面にする「こっちの湯」は。午前10時からで、今回は入れませんでした。「あっちの湯」はさらに夜になると、山梨市の夜景がみごとに見えて、夜景百選にも選ばれているそうです。それから各々に、ちゃんと室内風呂もあって、カランも多数で、ゆっくり体も洗えます。

Img_0332 Img_0341_4   「名物・温玉揚げ」です。これが絶品なんです。外がサックリ、中がとろーり。芳ばしくて塩味が効いていて、運転してなければビールが飲みたいところです。ぐっと我慢です。温玉の向こうで息子は、何故か売っていた好物のフライド・チキンを食ってます。
それから山梨と言えば、フルーツ。「ほったらかし温泉」は、フルーツ地区の真っ只中にあります。帰りにイチゴ狩りをしてきました。どれだけ食べれるか息子と競争しても、まだ私が勝ちます。甘みが強いのと、酸味が強いのと、両方食べれるのでイイですよ。その名も「イチゴ・ランド」。お勧めです。

Img_0346 いやぁ~、期待通りの本当に良い温泉でした。他の入浴者の皆さんも、ホントに気持ち良さそうにしてるんですよ。これほど良い顔をして入浴している人の多い温泉は、そう無いですよ。半身を湯に浸しながら、じっと富士山を眺めてるんですよ。富士山は、写真のイメージよりずっと大きく見えてるんです。目の前の感じです。今度来る時は、山に登って、泊まって、朝風呂も頂きたいです。早くもう一度来たい!

|

« あこがれのスイス・アルプス。 | トップページ | 今日は美術の日?アンドリュー・ワイエス展+モネ印象日の出展+光彩会写真展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 究極の癒し、ほったらかし温泉。:

« あこがれのスイス・アルプス。 | トップページ | 今日は美術の日?アンドリュー・ワイエス展+モネ印象日の出展+光彩会写真展 »